ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」感想。ナズナが小悪魔女子過ぎた件…(2017年版)

あまりの妄想っぷりに、オンナとしては、見ていてたまに、恥ずかしくなってプルプル震える瞬間も。しかもヒロインのなずなが天然小悪魔過ぎて怖い。 岩井俊二原作の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」アニメにもなっていましたが、映画版を観て…

進撃の巨人23巻のあらすじと感想。驚愕の展開!視点が逆に。「名誉マーレ人」とは・・・。

壮大な軍事絵巻が繰り広げられ、謎が怒涛の勢いで解かれていく、一段と世界が広がった「進撃の巨人」。 最新刊23巻が発売されたので早速読んでみた! 進撃の巨人(23) (講談社コミックス) posted with ヨメレバ 諫山 創 講談社 2017-08-09 Amazon Kindle 楽天…

スパイダーマン ホームカミングの感想・評判は?前代未聞!15歳のスパイダーマン。

今度のスパイダーマンは、史上最年少!15歳という設定で、少年的なまだ細い体がすばしっこく、しなやかに動き回る!少年なだけにフレッシュだし、アクションシーンもどこか爽やかさが漂う。 しかも、今回の宿敵はというと、地球外生命体の残骸から作り出され…

「ワンピース」86巻のあらすじと感想。リンリンの面白恐い過去が明らかにッ!

尾田栄一郎の「ワンピース」は、気づけばなんと20周年!! そしてコミックスは、86巻と超巨大な連載になっていました。さて八月四日発売の本巻では、サンジとシャーロット・プリンの結婚式が開かれるッ! けど、これはビッグ・マム海賊団のキャプテン、”ビッ…

「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」の感想や評判。怖くない上に窓ガラスが意味なく割れる?

暑い夏にピッタリの、ゾクッとするような、ホラー・アクションムービーが「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」。 オリジナルは、今でもマニアの多い往年のユニバーサル怪物映画の一つ「ミイラ再生」だ。 トム・クルーズが、飛行機の中で、ロンドンで、中東の砂…

「影裏」沼田真佑を読んだ感想とあらすじ。釣りと煙草と日本酒と。【2017年上半期芥川賞受賞作】

2017年夏の芥川賞が発表になった。多くの人の予想と異なり?受賞したのは、沼田氏の「影裏」(えいり、と読む。かげうらでなく)。五月に文学界新人賞を獲ってデビューしたばかりなので、トントン拍子である。 はっきしいって、最近の芥川賞はつまらな過ぎて…

「東京喰種(グールー):re12巻」のあらすじと感想。愛がテーマの巻!【ネタバレ注意】

7月29日に、いよいよ実写映画が公開される「東京喰種」の最新刊、12巻が出ましたので早速読んだ! 東京喰種トーキョーグール:re 12 (ヤングジャンプコミックス) posted with ヨメレバ 石田 スイ 集英社 2017-07-19 Amazon Kindle 楽天ブックス 映画自体も、…

怪盗グルーのミニオン大脱走。ファミリー映画だけど、中身は空っぽか!?【感想・評判】

風船ガムが必殺兵器の悪党バルタザールと、快盗グルーのダンス・ファイト! 今回もよく分からない攻撃方法が炸裂しまくって楽しいミニオンズシリーズ・・! 「大脱走」というタイトル、そして縞々の囚人服を着たミニオン達のビジュアル・・・ここから、牢獄…

「カーズ3クロスロード」の感想。車が喋って歌って「全員破壊レース」に参加するってよ。

「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」など数々のヒット作を飛ばしているピクサー・スタジオから、レーシング・カーアニメの第三弾! 以前のような走りが出来なくなってしまい、自信を失っている「ライトニング・マックイーン」が再起を賭けて奮…

広告業界は本当にブラックなのか?電通過労死問題や、サントリーの頂CM炎上問題について、とりとめもないメモ。

最近は、日本全体のヤバさが色々目につくようになってきてるけど、ここのとこ、チョコチョコ広告業界の話題が上がることがある。 そこで、元業界のすみっこにいたものとして、広告業界の実態やら、問題点についてメモしておこうと思い立った。 とはいえ、注…

「メアリと魔女の花」を見た感想。これは反原発なのか?「チェレンコフ光」に誘われて。

待望のジブリ・・・と思いきや、ジブリじゃなかった! 「借りぐらしのアリエッティ」を作った米林監督が独立して始めてつくる映画。スタジオポノックという、これまたジブリ出身のプロデューサー西村義明が立ち上げた映画製作会社の長編第一作とか! 試写会…

あとは野となれ大和撫子の感想。「独立国家ガールズ」が、かっちょええ!【宮内悠介作2017年上半期直木賞候補】

今年2017年夏の、直木賞候補作、「あとは野となれ大和撫子」を読んでみましたのでレビューします。 あとは野となれ大和撫子 posted with ヨメレバ 宮内 悠介 KADOKAWA 2017-04-21 Amazon Kindle …最近、芥川賞があまりにつまらんので(;^_^A、 どっちかという…

ハンターハンター34巻のあらすじと感想!ヒソカVSクロロの戦闘は脳味噌ねじれるうー。

富樫義博「ハンター×ハンター」の最新刊(34巻)が出たので購入しました! 今回の見どころは、何といってもヒソカとクロロの対決! そして後半では、 いよいよ暗黒大陸へと乗り出す王子たちと、クラピカ。 まず、ヒソカとクロロの対決は、もちろん肉弾戦なん…

パイレーツオブカリビアン5最後の海戦の感想・評判どう?ウグ・・酷評多いんだけど・・汗

ついに5作目!ジョニー・デップのジャック・スパロー、「最後の海鮮!!」 あ、「海鮮」じゃなくて「海戦」ですっ!(汗) 海鮮も旨そうだけどね・・・。 スパロウの、酔いどれフラフラ海賊具合が、ますます増している感じがするッ! (ジョニー・デップ様ご…

ハクソーリッジの感想・評判は?切腹or救出?メル・ギブソンが沖縄戦を描く!

沖縄戦といえば、10万人近い一般市民が巻き添えになって亡くなった、第二次世界大戦時の非常に悲惨な戦闘だった。 日本本土に、唯一、アメリカ軍が上陸した接近戦。 私も、高校の修学旅行で地元のおじいちゃんおばあちゃんに聞いた生々しい話 (同級生の脳味…

「パトリオットデイ」の感想・口コミは?ボストンマラソンでのテロ事件を基にしたドキュメンタリー劇映画

まだ記憶に新しい、2013年のアメリカ、ボストンのマラソン大会で発生したテロ。 世界中でテロが相次ぐさなかの映画なので、リアルな緊迫感と問題意識を感じさせられそうだ。実話を基にしているわけだが、一体どの程度映画として観れるのだろうか? どんな映…

映画「ローガン」の感想・口コミは?老いたX-MENと少女の物語。

ウルヴァリン(一種の狼男)であるローガン。老いた彼がミュータントの少女と巡り合い、彼女を守りながら戦うという、なんとなく名作の「レオン」を思い出させるような構図の物語。 アクションはもちろん、ロードムービー風な旅感と、少女と初老の男という組…

ちょっと今から仕事やめてくる(映画)の感想。壮絶ブラック企業の鬼十訓!【ネタバレ有】

電撃小説メディアワークス文庫賞受賞で、話題になった「ちょっと今から仕事やめてくる」の映画化。ブラック企業に勤めてギリギリ崖っぷちの精神状態に追い詰められている主人公、隆。 だが謎の好青年(福士)と出会うことで、運命が変わることになる・・・と…

「メッセージ」(2017)の感想・評判は?ばかうけ型!押井守監督も絶賛のSF映画!【少しネタバレ】

「ほんまもんのSF」「10年経っても見れる映画だし、残すべき映画」「たぶん、今年一番の映画」と、押井守監督が絶賛し、樋口真嗣、前田真宏も 「最後のどんでん返しにやられた」「感情的にぐっとくる」 「ここから新たな地平が広がる」 「記憶に関して深い…

「スプリット」を見た感想・評判。どれくらい怖い映画?24人目の人格とは一体・・・。【ネタバレ】

久々に見る多重人格サイコサスペンス!3人の女子高生が男に誘拐されたが、彼の中にはなんと23人もの人格が住んでいた!「彼は私のいいなりよ」という女性キャラから、9歳の男の子まで・・・。 そして今、脱出をはかるJK3人の目の前で24番目の人格が誕生しよ…

バーニングオーシャンの感想・評判は?つまらないor面白い?【”想定外”の事故はこう起こる】

2010年にメキシコ沖で発生した、海底油田の爆発事故をもとにした、実話サスペンス!下請け会社と、親会社の間の軋轢やら、人的ミスの連鎖などといった、積み重ねが大事故につながる様子を克明に描き出しているという! なんか色々事故の多い、昨今の日本にも…

「ワイルドスピード8ICE BREAK」の感想・評判は?脳味噌スイッチOFF!!【ネタバレ少な目】

マッドマックスといい、イカれたスピード狂熱カーアクションが最近キテいる。 このワイルドスピードも、原題はといえば「Fast&Furious」なので、「怒りのデスロード」とかなり似ている。 巨大鉄球が飛び出したり、監獄での壁面走りがあったり、潜水艦(!?…

村上春樹最新インタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読んだ感想(聞き手川上未映子)

村上春樹の、書下ろしならぬ、語りおろしインタビュー発売! 「騎士団長殺し」のこと、それに女性の視点から、フェミニズムっぽいことについても春樹に突っ込みが入るということで、興味が出て読んでみたのだった。 何しろ、春樹といえば女性のムネの描写が…

【辛口】又吉直樹「劇場」を読んだ感想。純文学はもうオワコン?【恋愛?小説】

又吉直樹の話題作「劇場」を読んだのでレビュー。個人的には、やはりあまり面白く感じられなかった("^ω^)・・・やっぱもう、純文学は死んでるな、文芸誌なくなるのも時間の問題・・・と思ったのだった。エンタメ系のはまだ読んで面白いのが多いけど・・…

映画の名作キャッチコピー例☆彡どきどき、切ない、格好いい!

映画の魅力を一言で表す、キャッチコピーの威力。 それだけで、登場人物の性格を伝えたり、怖がらせたり、切ない気持ちにさせたり、励まされる名言だったり、その力は強力です。 そんな映画の宣伝コピーの中から、思わずその映画を見たくなっちゃう、珠玉の…

「グレートウォール」の感想と口コミをチェック!巨匠が作ったB級モンスター映画??

「万里の長城」は、実は人類を守るために築かれていた・・・という、何か異様な雰囲気に包まれる歴史を題材したファンタジーアクション、「グレート・ウォール」。 ジェイソン・ボーンシリーズが記憶に新しい、アクションスター、マット・デイモンが主演の、…

「美女と野獣」実写版(2017)の感想・評判は?【ネタバレ】

ディズニー・アニメの名作、誰もが知る「美女と野獣」。あのカップル、「美女と野獣だよね」なんて慣用句的に使われてもいるw 2017年の美女と野獣は、なんと実写版なのだ! 美女と野獣といえば、紅茶セットが喋る!そして燭台が喋る! そしてお城のゴージャ…

「LIONライオン25年目のただいま」の感想・評判は?【ネタバレ】インドで迷子!→グーグルアースで故郷発見。

、 インドで迷子になった男の子が、なぜかオーストラリアに辿り着き、そこで育って大人になるが、25年後に、再び故郷捜索の旅に出る。 しかも、使うのはGoogleアース!という、実話・・・である。 一体何がどうなって、迷子になっていつの間にか海越えている…

「ゴーストインザシェル」2017(攻殻機動隊)の感想・評価!【ネタバレ】

「ゴースト・イン・ザ・シェル」といえば、押井守が作り上げた傑作アニメ。 それがハリウッド実写版になって登場!主演はスカーレット・ヨハンソン、ビートたけしも登場。 そして、草薙少佐はアニメでは線が細かったけれど、今回は太いぞ! 逞しい女性型ボデ…

映画「パッセンジャー」の感想・評判は?【ネタバレ】

大きなスペースシャトル、他のすべての乗客が冬眠カプセルで長い眠りに着く中、なぜか予定より90年も早く目覚めてしまった二人の男女・・・。 一体なぜ?どんな試練が二人を待っているのか?そして二人は恋に落ちる・・・。 という、なんともスリリングな物…

籠池理事長証人喚問国会中継 (ほぼ)全文文字起こし&重要事項まとめ

気になっていたので、ラジオを聴くついでに書き起こししてみました。 森友学園問題での、籠池理事長証人喚問です。 「事実は小説よりも奇なり」との籠池氏発言が印象に残りました・・。 ただ、当方速記者でもなんでもないので、超雑な上に、聞き取り違い誤字…

「ASKA700番」第1巻の感想。芸能人はなぜ薬物に走る?

700番 第一巻 posted with ヨメレバ ASKA 扶桑社 2017-03-19 Kindle 楽天ブックス ちょっとミーハーだが、お茶事件や逮捕事件など様々な点で話題になっていた、チャゲアンドアスカの、ASKAの手記が発売されたので読んでみた。 まず理由としては、あんなに人…

「シングSING」の感想・評判。TVの歌番組みたく脳天気でポップ!

あの「ペット」や「 ミニヨンズ」を作ったスタジオが送る、動物達のノリノリミュージカル。 飛び出してくるのは、フランク・シナトラ、ビートルズなど往年の名曲から、なんとレディ・ガガまでバラエティ豊か。 ディズニーの「モアナと伝説の海」もミュージカ…

ミュシャ展を見に行く前に知っておきたい!スラヴ叙事詩の解説【画像あり】

国立新美術館で、3月8日(水)から6月5日(月)まで、アルフォンス・ミュシャの展覧会が開催されます。 背景知識があると、鑑賞した時の感動もひとしお。 見に行く前に知っておきたいこと、見た後におうちで知っていっそう余韻を楽しめる背景知識や作品画像…

「モアナと伝説の海」の感想や評価をチェック。北の「アナ雪」、南の「モアナ」!?

ディズニー待望の新作、「モアナと伝説の海」は、ハワイが舞台。 「アナ雪」は北の国だったけれど、 今度は南の国での大冒険と、パワフルな主題歌が待ってます。 どこまでも広がる海はきれいで、モアナは可愛いし、冒険もわくわくする感じ。 北と南で対照的…

映画「アサシンクリード」実写版の内容は?ゲームファン以外にはチンプンカンプンな気配・・・。

ルネサンス期の壮麗なスペインと、現代(??)を行き来する、二つの騎士団の争い。主人公は記憶喪失の死刑囚で、しかも祖先の遺伝子の記憶をたどって、何百年も前にスペインに飛ぶという、なんとも奇想天外な話である。 とりあえず、ちょっとマリリン・マン…

映画「ムーンライト」の感想・口コミは!?アカデミー賞受賞のLGBT映画!【ネタバレ】

今年度のアカデミー作品賞は、番狂わせで(??)「ムーンライト」が受賞しました。授賞式では司会者も思わず「ららランドが受賞!!」と言ってしまい、一同ステージに上がったあと、「あ、間違いだったテヘ」っていうまさかの展開に・・・。 しかしこの「ム…

騎士団長殺し第二部感想と謎解き。春樹は何を伝えたかったのか??

さて騎士団長殺しも第二部の丁度半分くらいまで読みました。驚愕の展開にさしかかってきた~!とりあえず気付いたことを。これまでの作品と共通するのは数々の女性が登場すること。特にぶっきらぼうな喋り方の少女、 主人公を捨てたようにみえて実はまだ主人…

「騎士団長殺し」を読んだ感想。舞台設定は?二重メタファーとは?【村上春樹最新作】

小説を読むのなんて、もう二年ぶりくらいかも知れない。村上春樹の「騎士団長殺し」早速に購入して読んでいる。とりあえずの舞台設定や感触を速報でお届け! 第二部以降の謎解き考察については、こちらの記事で書いています↓ tyoiniji.hateblo.jp ネタバレは…

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の感想・評判は?タイトル違いで、感情ゼロな男の話だぜよ。

ウォール街で働く男が、不意に妻を喪失する。しかし、男はただ、無感覚・・・。何も感じない。そしてある時、M&Mのマーブルチョコが自動販売機から出てこないのにクレームする目的で書いた手紙から、壊れた心の再生が始まる。 心の再生は、まず徹底的に壊…

「相棒4首都圏クライシス」を見た感想。深い!これはもう一つの戦争映画だ。

水谷豊と反町隆史主演、「相棒」劇場版第四弾!いや~~いい映画見た!! 謎解きと緊迫感と歴史とヒューマンドラマのバランスが丁度いいし、何度も胸を衝かれるような台詞に出くわした。 ここのところ、なぜか日本の戦時中を扱った映画が多い。ジブリの「風…

映画「マリアンヌ」の感想・評判は?優雅さと緊迫感に酔う2時間。ブラピ若すぎる!

ブラッド・ピットが若き日の美貌を完全に取り戻したような映画「マリアンヌ」。世界大戦下で、スパイ同士の、恋してはいけない関係だったのに、惹かれ合い、偽装夫婦から本物の夫婦になってしまった二人の話。 歴史的サスペンスとラブロマンスが絡み合い、な…

君と100回目の恋を見た感想。腹立つほど泣かせにかかる!愛しいと悲しいは一緒。【若干ネタバレ】

「君と100回目の恋」、もしも時間を巻き戻して、何度でもやり直せたら・・という誰にでも切実な思い。しかも、もし取り返しのつかない命がかかっているとしたら??という設定のラブストーリー。正直、物足りない部分もいろいろあったのだが、ともかく不覚に…

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちを見た感想!【ネタバレ】儚く切ないティムバートンの原点。

ティム・バートン監督待望の最新作!個人的には、最近のティム作品の中では一番好きかも。普通の世界では生きられないような「風変わり」な子供たちの奇妙で切ない小世界。初恋の初々しさや別れの切なさなど、不思議と泣けてきそうなみずみずしさで描かれて…

ドクターストレンジの感想・評判は?【若干ネタバレ】幻覚見るようなサイケデリック映画。

天才的だけれども傲慢な医者が、事故で医者としての能力を失い、かわりに魔術に目覚めるという物語。変わった設定で、予告編では無重力状態みたいに壁を歩行する戦闘シーンがあったりしました。 スパイダーマンみたいにマーヴェル・コミックが元になっていて…

本能寺ホテルを観た感想!綾瀬はるかのキャラが天然ボケ過ぎてイマイチ?【若干ネタバレ】辛口評価。

現代の京都から、時は安土桃山時代、それも1582年の本能寺の変のまさに本能寺に、ほんわかした女の子がタイムスリップしちゃったら!?というお話。 綾瀬はるかと堤真一、それに時代劇でもお馴染みの面々が揃って、なんか不思議なプロットだけど、どうなっち…

映画「新宿スワン2」を見た感想。イケメン天国、心の鼻血が止まらない。【若干ネタバレ】

「新宿スワン2」を新宿TOHOシネマで観てきました! いや〜、久々に日本映画見たけど、なかなかどうしてクオリティ高いぞ!と思った。系統でいえば、ヤクザ映画だとか、チャンバラ映画の系譜に入るかもしれない。 俗っぽくって、金と美女と、喧嘩と暴力と血…

ネオンデーモンの感想・評判は?お洒落、グロい、ファッション業界の裏側映画。【若干ネタバレ】

煌びやかなファッション業界に蠢く魔物のような、野望、欲望、羨望を描いた、お洒落でスリリングな映画、「ネオン・デーモン」。アルマーニやサンローランなど、名だたるブランドも衣装提供していて話題になっている。 主人公は、駆け出しのモデル。何か光る…

映画「ザコンサルタント」の感想・口コミは?社会不適合なバットマン?【若干ネタバレ】

お堅い職業一、二を争う会計士の裏の顔が、実は殺し屋だったら!?という、なんか謎がありまくって気になる映画。世界中の危ない富豪たちの会計帳簿を掌握する彼の、裏の顔はなんと腕利き暗殺者だった。一体なぜ、彼はそんな妙な人生を歩んでいるのか??好…

マグニフィセントセブン7の感想・口コミは?【若干ネタバレあり】

無法者の暴虐の限りに悩まされる町が、7人の危険な男達を用心棒として雇った・・!有名な西部劇「荒野の七人」を元にしていて、そしてその「荒野の七人」の元となった黒澤明監督の時代劇「七人の侍」にも再びインスピレーションを受けて作り出される、期待の…

スポンサードリンク