ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

映画「アトミックブロンド」の感想・口コミは?面白い?40代のシャリーズ・セロンが最高に格好いい!

Charlize theron

 マッドマックス怒りのデスロードでもおなじみの、シャリーズ・セロンが、超クールな女スパイに扮して、ベルリンの街を駆け巡る!

 スタイリッシュな映像に、音楽もモダンで格好いい!ハイヒール👠を使ったアクションシーンも見れるし、女性同士のキスシーンも・・・。

 なんだか、男も女もシャリーズ・セロンにうっとりしちゃいそうな映画です。

 実際に見た人からの感想や評判はどうなんでしょうか?

 

 果たして面白いのかつまらないのか、チェックしてみました!

 

「アトミック・ブロンド」のあらすじ

1989年。

ベルリンの壁が崩壊する直前のドイツで、各国のスパイ達が暗躍していた・・・・

ロレーヌは、イギリスの敏腕女スパイである。

 東ドイツのベルリンに潜伏中だった英国のスパイが何者かによって殺害されたことを受けて、ロレーヌは犯人を突き止めるためにベルリンに派遣された。

 彼女の現地での協力者は、ブラックマーケットの親玉、パルシファルである。彼と通じている者の一人、スパイグラスは、ある機密情報を入手していて、西ドイツに亡命したがっている。

 そのせいで、他の国のスパイ達もスパイグラスの動向を探っている。

 その中にはフランスの女スパイ、デルフィーヌもいた。(のちにデルフィーヌとロレーヌは、恋愛関係のような、親密な仲になる。)

  そして、西側諸国の諜報活動すべてを脅かしている敵を突き止めようと、持ちうる限りの知恵と力を振り絞るのだった・・。

 しかしロレーヌらの作戦は失敗し、数々の命が失われる、そしてロレーヌは上司に、なぜ失敗したのか、そして誰が裏切ったのかを説明しなければならいのだった・・。

 

「アトミック・ブロンド」の監督やキャスト

監督・・・デビッド・リーチ

出演

ローレン・ブロードン役=シャリーズ・セロン

デヴィッド・バーシヴァル役=ジェームズ・マカボイ

スパイグラス役=エディ・マーサン

エメット・カーツフェルド役=ジョン・グッドマン

エリック・グレイ役=トビー・ジョーンズ

デビッド・リーチ

 ↑デビッド・リーチ監督は、監督自身、ハードボイルドな雰囲気が漂っている!!

 

「アトミック・ブロンド」の上映時間や日本公開日

  • 上映時間・・・115分
  • 日本公開日・・・2017年10月20日(金)
  • 配給会社・・・KADOKAWA
  • 映倫区分・・・R15+
  • ジャンル・・・アクション

 

「アトミック・ブロンド」の感想・レビューをチェック!

シャリーズ・セロンがスーパー―ク―――――ル!!という評価

「アトミック・ブロンド」は冷戦期の、革命に揺れ動くベルリンの、世界が終わるような震える空気に浸された映画だ。そして登場人物誰もかれもが、最高に格好良くドレスアップしている。

 昔のアートやシネマの傑作へのオマージュみたいなシーンもあり、また色彩面でも深紅、翡翠色、インディゴブルーと、特徴的だ。

 アクションシーンはとにかく素晴らしい。女スパイのロレーヌは、とにかくその時身近にあるものをなんでも使って戦う。敵を倒すために何でも掴み、なんでも投げる。

 セロンの演技も見事。基礎的な肉体の力に裏付けされている。

 この映画には、ヌード・シーンも挿入されているのだけれど、セクシーな演出がされているわけではない。彼女がベルリンでのミッションの間に受ける数々のあざや傷の数々を浮かびあがらせるものとして存在している。

 性的なシーンもあるのに、それは観客の欲望を満足させるものというよりは、主人公のロレーヌ自体が満喫するものとして描かれていた。

 筋書が、ダサいという意見もある。けれど脚本は、ロレーヌが、ある場面から次の場面へと移っていくのを飽きさせないで見させるほどには、十分によくかけている。

アクションシーンは本当に楽しいし、サウンドトラックもいかしている。1980年代のヨーロピアン・ポップのヒット作を集めた音楽にのせて、シャリーズ・セロンが敵をばたばた倒していく。コミカルなシーンもあって、ところどころで笑いも起こる。

ライネー・ゴシップ サラ・マルス評より

 

シナリオは不可解なとこあるけど、アクションがピカイチ!という評価

この映画にはスパイが沢山出てくるし、ベルリンの壁が崩壊する週のドイツを舞台にしているけれど、会話は、そっけなく簡潔にすすんでいくし。役者も、何人かは別にして、単にまあまあ、なんとか役割は果たしている、といった感じ。

 けどまあ、誰だってオペラをダンスを見にはいかないし、歌目当てでバレエを見にいたりもしない。それで「アトミック・ブロンド」といえば、クールなヒロインが、骨をバキバキ砕いたり、顔面を打ちのめしたりするのを見に行くんだ!違うかな?

 有名スタントマンのデヴィッド・レイチがアクションを監督していて、彼のこだわりが出ている。なんで、普通のアクション映画が、カメラを接近させて体の一部しか見せずにごまかすところを、この映画は、全身を見せ、その隅々まで使ったアクションにこだわっている。

 「アトミック・ブロンド」の拍手喝采したくなるような戦闘シーンは、何十年かは語り草になるんじゃないか。この映画は、見るからに張り詰めた様子のロレーヌが、エレベーターの中で銃を構えているシーンから始まる。ドアが開いた瞬間、彼女が撃ちはじめ、そして殴り、キックし、刺し・・・することになるのを予感させる。

 シャリーズ・セロンは、そのアクションが振り付けされたものであることを全然感じさせない。彼女の目の中には、ヒーロー達のあの印・・・死んだり、失敗したりしないぞ。という強い決断が恐れを横にのけている様子を見ることができる。

バルチャー デビッド・ステルストン評より

 

一般観客の口コミをチェックした!

  • スタイリッシュで、面白おかしくって、野蛮!つまり、漫画由来のスリラーに我々が期待すべきすべてのものがある。

 

  • 十中八九、君はアクションシーンを思い起こしながら映画館を後にすると思う。アクションは凄く良く振り付けされていたから。けれど、僕にとって一番印象的だったのは、この映画の持つユニークなスタイルだった・ほとんど、ミュージックビデオみたいな感じ。アクションシーンでのカメラの動きは華麗だ。でもシャリーズ・セロンの見せ場がそこまで多くなかったのが残念だ。

 

  • 全然だめ!ベルリンのシーンは幻想的で綺麗だし、サントラもいいけど、それだけ。

 

  • 結末が凄く面白くて、予想もつかないものだった。

 

  • 映画に出てくる、パンチの一撃一撃が、自分が味わっているみたいに感じられた。戦闘シーンが終わった時には、自分までよろめいているような気がした。こんな気にさせるアクションシーンってなかなかない。

 

  • 自分は、いつもなら、女性ヒロインが主人公のアクション映画って、あまり好きじゃないんだ。だって、女性が素手で、男達の群れをぶっ飛ばしてるって。あまり現実感が感じられないからね。
  • けれどこの「アトミック・ブロンド」には、アクションが見事で、ずっと驚いて目を回し続けてしまったよ。この映画のぜんぶ良かった。役者も全員いいし。ともかく、見る価値のある、いいエンタメ映画だ。

 

「アトミックブロンド」まとめ

 見た人の七割以上が高評価で、なかなか評判はいいです。文句がある場合は、物語の筋が、そんなにうまくいってないとかいう意見が多かったです。

 やはり、一番の見どころはアクションシーンと、シャリーズ・セロンのカッコよさでしょう。日本では、こういうかっけー女性ヒロインというのは、なかなか生まれていませんから、羨ましいものです。

 予告編を見るだに、音楽やら、ファッションやら、ベルリンの街並みやらあいまって、とても渋くファッショナブルでスタイリッシュなのは分かりますね。女性同士のラブシーンにもドキドキしそうです。

 

スポンサードリンク