ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

ゴーストバスターズの感想・評判をチェック!大迫力のお化け軍団に、オタク女子力が爆発!

Ghostbusters Wallpaper

8月封切り映画の中でも注目度が高い一本が「ゴーストバスターズ」!

非モテ・崖っぷち系女子が、怖くてお茶目なお化け軍団に立ち向かう物語。

映画とコラボレーションしたオリジナル・バーガーも発売されたり、

日本でも友近や渡辺直美などお笑い芸人がオリジナルのPVを発表したりで

話題になっている。

前評判もかなり良さそうだ。

そんなわけで「ゴーストバスターズ」の口コミ・感想をチェケラッ!

「ゴースト・バスターズ」の予告編とあらすじ


映画『ゴーストバスターズ』ゴーストアトラクション編 30秒

 

オリジナルは84年に公開されて大ヒットとなった。この30年ほどでCG技術も進歩して、

お化けたちの表情がますます、ユーモラスでド迫力になっている。

おなじみのマシュマロマンなど可愛らしいお化けも、巨大化して街を襲うなど、

なかなかに楽しそう!

あらすじ

素粒子物理学者 のギルバートは大学教員だが、超常現象の研究もしている。ある日職場をクビになってしまい、お化け退治の会社を始めることに。

エキセントリックな原子力研究者のジリアン、ゴーストおたくのイェーツ、元地下鉄従業員のパティ、ギルバートはニューヨークを暴れ回るお化けを退治し、「プロトンパック」という特殊装備で捕獲する。

ゴーストたちが跳梁する裏には、陰謀を企む何者かの影もみえてきて・・・?

・・・続く。

 

ゴースト・バスターズの監督やキャスト

  • 監督・・・ポール・フェイグ
  • エリン・ギルバート役・・・クリステン・ウィグ
  • アビー・イェーツ役・・・メリッサ・マッカーシー
  • ジリアン・ホルツマン役・・・ケイト・マッキノン
  • パティ・トラン役・・・レスリー・ジョーンズ
  • 秘書ケヴィン・・・クリス・ヘムズワース

コメディ映画を得意とする女優が結集。ケイト・マッキノンはヒラリー・クリントンの物真似でも人気だ。

 

上映時間や日本公開日など

  • 上映時間・・・116分
  • 日本公開日・・・先行公開 8/11(木)~8/14(日)、本公開8/19(金)
  • 上映方式・・・2D/3D
  • 配給・・・ソニーピクチャーズ・エンターテイメント

3D公開する映画館も!これは迫力ありそう。

 

「ゴースト・バスターズ」の口コミ、感想

GOOD!という感想

これはナイスなエンタメ作品だ。とても良い!面白おかしいし、その面白おかしさも、「フヘ」から「ハハハ」から大爆笑まで色々取り揃えられている。

監督の手腕でもって、ゴーストと戦闘、ギャグ、女子力をうまく合体させている。おならやワンタンスープについてのギャグも出てくる。

,時折ギャグが滑る・・・とか以外に、この映画に欠陥があるとしたら、オリジナル作品がどストレート&お気軽に性差別的だったのを裏返したみたいに、本作でも性差別的だということだろうか。

(オリジナルでは女性がお化けに身体を触られていたが、本作ではお間抜けなイケメン秘書が登場する。)

それから、前作のゴーストバスターズでは、露骨なまでの商品宣伝が行われていたが(コカコーラ、バドワイザー、スマッカーズ、などの商品を登場人物がむさぼり食うシーン有)今回もそれを引き継いでいる。(お化け退治女子の一人、ジュリアンはプリングルスをむしゃむしゃ口に放る

1984年から今まで色んなことが起こった。9.11、インターネットの広まり、CGの進歩、フェミニズムの一般化。ゴーストバスターズはこれらの変化すべてを受け止めて、エネルギーを凝縮させた。

The Atlantic Megan Garber

 
公開前には、ネット上で女が主人公ということから、ブーイングが巻き起こっていたが、映画自体が凄く面白かったんで良かった。
四人のバスターズとイケメン秘書の俳優たちは、即興が得意で、お互いに楽しみがら、とてもよく高めあっている。ケイト・マッキントンが中でも抜きん出てコミカルだ。それにイケメン役のヘムズワースも・・・やらかす。ケイトはとてもオリジナリティ溢れる演技で楽しませてくれる。
この映画は奇抜で、間抜けで、騒々しくって、子どもじみた、前作へのトリビュートっていうのがピッタリかな。だからブーブー、ツイートするのはやめようぜ!
Hindustan Times Rohan Naahar
 

イマイチという感想

低音殺菌されたコメディになってしまっている。私たちは不安や恐怖を発散するため笑うという衝動があるから、お笑いのためにはリスキーな表現も必要だけど、監督は無難なユーモアに走ってしまってる
それからカメラが肝心な部分で動きすぎてる。俳優の演技にもっとじっくり焦点を当てれば、もっと笑いを引き出せただろうに。
それにコンピュータ・グラフィックスのお化けも舞台セットも、高校生が文化祭のためにデザインしたみたいな感じで、ぱっとしない。
それに、公開前のネットでのバッシング騒動は、観客動員を増やすための芝居だったんじゃないかな?
The Jacobin Elieen Jones
 

あと一歩!という感想

登場するお化け達は、前作よりも恐ろしい。そしてアクションも、かっこよくなった。けれどユーモアは、びっくりするほど不出来になっている。
愉快なシーンもある。巨大化したマシュマロマンの下にメンバーがくっつけられてしまうシーンやら。
視覚効果も、派手派手しく面白い。グールは蛍光緑色の影を帯びているし、スライムのネバネバ質感も見事に表現されている。

とはいえ、プロットは行き当たりばったりだし、編集もブツ切れ、ジョークの数々が滑りまくっている。特に前半では。
秘書役のヘムスワースが一番この映画の中で苦労してる。後半でやっと地に足が着いた感じだ。もう少しで傑作映画になりそうで、なかなかならない。
Daily Telegraph Vicky Roach
 

おもろいよ。。という感想

猫がゴミ箱の中で喧嘩してるみたいな、ひどいテーマソングも、ネットでのこの作品に対する炎上や挑発行為の一部みたいに思える。

われわれ観客は、クライマックスでようやく、我々が期待していた新ガジェットを目撃することができる。
デーモンを灰燼に付すようなスペシャルナックル、手で持てるゴースト粉砕機で、ゴーストをシュレッダーしてエクトプラズムにしたり。
この映画はよくできてる。映画のことでいちいちカッとなるのはくだらないって教えてくれると思う。
Willamette Week Zach MIddleton
 

まとめ

結構評判は良かった。だいたい七割以上の人たちが、高評価している。

それにしても、アメリカでは公開前に「女がお化け退治なんてできんのか~!?」と、

女嫌いのオタク達からは相当叩かれたようだ。炎上。

けど、それはもしかして、映画製作サイドの演出、プロモーションの一環だったんじゃ?

とかいう深読みもあったけど。

お化け達は、84年のものよりだいぶ、おっかなくできているっていうから、夏休みにお化け屋敷に行く気持ちで観るのも楽しいかも。

スポンサードリンク