読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

【復習】スターウォーズ エピソード5帝国の逆襲:新事実が次々と明かされるの巻。

アクション・冒険・SF映画 映画

Star Wars wallpapers

さて封切りになったローグワンを観るには、とりあえずスターウォーズのエピソード4を観ていれば十分理解できるかとは思うが、世界観をもっと知っておけば、もっと楽しめるかも。。。というわけで、しばらくスターウォーズシリーズを復習しておくことにする。

 エピソード5は、4でデススターを反乱軍に破壊された、帝国軍が、怒涛の逆襲に出てくる物語であり、様々な秘密も明かされるエピソードだった。ダースベイダーが大暴れする作品でもある。

 

 

スターウォーズ5帝国の逆襲のあらすじ

 ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロ、レイア姫などをはじめとする反乱軍の活躍によって、銀河を支配する暗黒組織、銀河帝国のお蔵出し的な最強要塞、デススターは破壊することができた。

 だが帝国はこれで引き下がるわけではない。デススターを破壊された報復へと、全力を注ぎ始めるのである。

 反乱軍は元の基地から追い出され、氷の惑星ホスに秘密基地を築いていた。銀河帝国の司令官、ダースベイダーは、銀河中を捜索して、反乱軍の居場所を突き止めようとしているところだ。ホスにも、帝国からの探索ロボットが落とされた。

 ルークは落ちたロボットを見に行こうとして、氷の怪物に襲われてしまう。猛吹雪の中、ルークは、エピソード4でダースベイダーの剣に倒れた、ジェダイの戦士オヴィ・ワン・ケノビの幻(幻ではなく霊体だが)に、「ヨーダ」という老子について修行しろと告げられる。

 その後、ルークは沼地だらけの小さい惑星に赴き、「ヨーダ」を探すが、小さくてぴょんぴょんはねまわる、ゴブリンみたいな老人の異星人につきまとわれて、うざいような気持ちになる。ところが、このひょうきんな老人が「ヨーダ」だったのだ。ルークは、ヨーダについてフォースを操って戦う修行を始めることとなるが、なかなかすぐに成長できず悩む。

 ハン・ソロやレイア姫一行は、愛スペースシップのファルコン号に乗って、帝国軍から察知された基地から脱出する。しかし友人のいる星にかくまってもらうことができたものの、友人に裏切られ、帝国軍に捕獲されてしまう。

 ルークはそれを知って助けに行こうとするが、そこで立ちはだかるダース・ベイダーと剣を交え、その圧倒的な強さを思い知ることになる・・・。

 

スターウォーズ5帝国の逆襲の監督やキャスト

監督・・・アーヴィン・カーシュナー

製作総指揮・・・ジョージ・ルーカス

出演・・・ルーク・スカイウォーカー=マーク・ハミル

     ハン・ソロ=ハリソン・フォード

     レイア姫=キャリー・フィッシャー

     オヴィワン・ケノビ=アレック・ギネス

     ダース・ベイダー=(演技)デヴィッド・ブラウズ

              (殺陣)ボブ・アンダーソン

              (声) ジェームズ・アール・ジョーンズ

 

 ジョージ・ルーカスは、前作の監督があまりに大変で嫌気がさしたのか??本作では製作総指揮に退いている。そしてダースベイダーが三人のコラボで演じられているというのが面白い。それぞれの人のいいところどりをしたらこうなったのか・・・。こだわりが見える。

 

スターウォーズ5帝国の逆襲の上映時間や日本公開日

  • 上映時間・・・121分
  • 日本公開日・・・1980年6月28日
  • 配給会社・・・20世紀フォックス
  • ジャンル・・・SF・冒険活劇

スターウォーズ5帝国の逆襲 感想レビュー

 ハリソン・フォードの男ぶりがよろしい

 今回は、ぶっきらぼうで野性的なハン・ソロ(ハリソンフォード演じる)と、レイア姫が急接近するストーリーだ。フォードは、スターウォーズが出世作なわけだが、その前は腕のいい大工をしていたという。お上品な上流階級とは一味違う、野性味が魅力だ。そして若くてなんかケツがぷりぷりしているw 思ったが、日本の役者でいうと、役所広司にポジションが似ている気がする・・・。両者とも刑事の役をやったりしているしね。

 レイア姫は、割とツンツンしていて、この気の強いところにハン・ソロも惚れたのかもしれない。しかしソロはつねに「かわいこちゃん」呼ばわりをして、レイア姫を憤慨させている。この二人が反発しながらも、いつのまにか互いに惹かれ合っていくさまが、本編の見どころの一つだろう。

 (ちなみに知っている人にしか分からないだろうが、少女コミックで「僕の地球を守って」というのがある。これに出てくるシオンとモクレンにも似ている・・・・。レイア姫の髪型もモクレンに似てるしね。編み込みをうしろにとめている。)

ヨーダ登場

 スターウォーズといえば、必ず頭に浮かぶキャラクターは、ダースベイダーと共に、このヨーダかもしれない。外見はETみたい。小さくて、愛嬌たっぷりにチョコチョコ歩き回る。いっけん、凄い師匠に見えない。このあたりはカンフーパンダにも共通している・・。

 けれど、沼に沈んだ小型飛行機を、念力の力だけで宙に浮かびあげてルークを驚かせる。

ダースベイダーとルーク、宿命の対決

 エピソード5の最後では、ルークとダースベイダーが宿命の対決をする・・・。圧倒的な強さを持つダースベイダー。ルークを追い詰め、ライトセーバーでルークの片腕を切り落としてしまう。絶体絶命のルークににじり寄り、ダースベイダーはルークを説得しだす。「お前は強力な力を秘めている。お前とわたしで、この銀河を征服しようじゃないか。無駄に命を捨てるな・・・」と。

 「いやだ!お前は僕の父さんの仇(かたき)だ!」と拒絶するルーク。

 しかし、そんなルークにダースベイダーがささやいたのは、「違う。私がお前の父だ」という台詞。

 なんと、ルークの父親はダースベイダーによって葬られたかと思いきや、ジェダイの騎士だった父親は暗黒の力に魅入られて、ダースベイダーになってしまったというのだ。困惑するルーク。しかしダースベイダーを拒絶し続け、落ちたら助かりそうにもない高所から虚空に身を投げ出してしまう・・・。

 このあたりは重要なハイライト。今でこそネタバレしてるが、公開当初は、ルーカス監督は、この秘密が公開前に関係者から漏れないよう、ダースベイダーの台詞まで、直前になってから差し替えるという徹底ぶりだったという・・・。

 また、ルークの出生の秘密としては、レイア姫とルークは、父が同じ兄弟だということが明かされる。これにより、レイア姫を巡る、ルークとハンソロの三角関係は解消され、ハンソロが正式に恋人の地位に行けそうな前提が作られる。

 

フォースの暗黒面

 ジェダイの騎士に様々な特殊能力を授けるフォースだが、暗黒面もあることが、ハッキリとした。この強力な力は人々の野心にも働きかけ、それに魅入られると、精神的に転落してしまうのである。

 

まとめ

 エピソード4の続編だが、出生の秘密やダースベイダーとの対決によって、前作よりもハラハラする場面が多く盛り込まれていたのではないだろうか。またハン・ソロ役のハリソン・フォードも、本作で役者としての魅力を増しましたのじゃないかと思う。

スポンサードリンク