読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

「メッセージ」(2017)の感想・評判は?押井守監督も絶賛のSF映画!【少しネタバレ】

f:id:honeybushtea:20170516132030p:plain

 「ほんまもんのSF」「10年経っても見れる映画だし、残すべき映画」「たぶん、今年一番の映画」と、押井守監督が絶賛し、樋口真嗣、前田真宏も

「最後のどんでん返しにやられた」「感情的にぐっとくる」

「ここから新たな地平が広がる」

「記憶に関して深いことが表現されている」

 などと、ともかく口を揃えて誉めまくっているのが、このSF・・・。

「この映画が作れることも凄いし、観客がそれを許容するのも凄い」とか・・・。

 確かに音楽はエモーショナルだし、透明感に満ちた映像は美しいし、期待度高いです。

 音響編集賞でアカデミー賞を獲得、

 その他、作品・監督・脚色・美術賞など、計8部門にノミネートしたという。。面白そう!

 「ラ・ラ・ランド」のかげに隠れて目だってなかったけど、実はすごい傑作なんじゃ・・・。

さて、実際に観た人の感想や口コミをチェックしてみました。

 

続きを読む

「スプリット」を見た感想・評判。どれくらい怖い映画?24人目の人格とは一体・・・。【ネタバレ】

f:id:honeybushtea:20170511160258j:plain

 久々に見る多重人格サイコサスペンス!3人の女子高生が男に誘拐されたが、彼の中にはなんと23人もの人格が住んでいた!「彼は私のいいなりよ」という女性キャラから、9歳の男の子まで・・・。

 そして今、脱出をはかるJK3人の目の前で24番目の人格が誕生しようとしていた・・・!というなんともゾクゾクしそうなシチュエーションである。

 果たして面白いのかつまらないのか?

感想や評価をチェックしてみた。

 ちなみに題名は「スピリット」でも「スピリッツ」でも「スピッツ」でもなく、「スプリット」ですよーw

続きを読む

バーニングオーシャンの感想・評判は?つまらないor面白い?【”想定外”の事故はこう起こる】

f:id:honeybushtea:20170501221150j:plain

 2010年にメキシコ沖で発生した、海底油田の爆発事故をもとにした、実話サスペンス!下請け会社と、親会社の間の軋轢やら、人的ミスの連鎖などといった、積み重ねが大事故につながる様子を克明に描き出しているという!

 なんか色々事故の多い、昨今の日本にも身に摘まされますのう(*´Д`)

 そしてド迫力の炎と海の映像、使命を帯びて戦う男たちの姿が、、海を焼き焦がすような映画です。

 さて、つまらないんでしょうか、面白いんでしょうか。

評判をチェックしてみました。

 

続きを読む

「ワイルドスピード8ICE BREAK」の感想・評判は?脳味噌スイッチOFF!!【ネタバレ少な目】

The_Fate_of_the_Furious_F8...10

 マッドマックスといい、イカれたスピード狂熱カーアクションが最近キテいる。

このワイルドスピードも、原題はといえば「Fast&Furious」なので、「怒りのデスロード」とかなり似ている。

 巨大鉄球が飛び出したり、監獄での壁面走りがあったり、潜水艦(!?)が氷を割って出現したり、車が四つ裂きの刑にされかかったりと、予告編を見るだに、アブナイかおりがプンプンして、なかなかに面白そうなのだが、果たして評判はどうなんだろうか。

 感想やクチコミをチェックしてみた!

  ネタバレは少なめ。

続きを読む

村上春樹最新インタビュー「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読んだ感想(聞き手川上未映子)

f:id:honeybushtea:20170427174311j:plain

 村上春樹の、書下ろしならぬ、語りおろしインタビュー発売!

「騎士団長殺し」のこと、それに女性の視点から、フェミニズムっぽいことについても春樹に突っ込みが入るということで、興味が出て読んでみたのだった。

 何しろ、春樹といえば女性のムネの描写が多過ぎるしな(??)

 春樹ファンや、文学青年、文学少女(ん、なぜ青女という言葉は存在しないか⁉オンナは少女から飛び越えていきなり成熟した女性になるとみなされちゃうのか?とやや違和ともあれ)以外には、それほど面白くないような気はした。

 でも、「ふむふむ」「なるほどお」という部分もポチポチあったので、とりあえず個人的に面白かった点をまとめておきます。

 

続きを読む

【辛口】又吉直樹「劇場」を読んだ感想。純文学はもうオワコン?【恋愛?小説】

 

 又吉直樹の話題作「劇場」を読んだのでレビュー。個人的には、やはりあまり面白く感じられなかった("^ω^)・・・やっぱもう、純文学は死んでるな、文芸誌なくなるのも時間の問題・・・と思ったのだった。エンタメ系のはまだ読んで面白いのが多いけど・・・。これからは文芸誌は、はるか昔のように同人雑誌化するのであろう・・・。

 あるいは、純文学とエンタメ系などというジャンル分け自体が、もはや業界を良くするには機能していないのかもしれない・・・などなどと・・・。

やはり芸人としての知名度がなければ、そんなに読まれるものでもないかね。ともあれ・・・。

 

続きを読む

映画の名作キャッチコピー例☆彡どきどき、切ない、格好いい!

 

 映画の魅力を一言で表す、キャッチコピーの威力。

それだけで、登場人物の性格を伝えたり、怖がらせたり、切ない気持ちにさせたり、励まされる名言だったり、その力は強力です。

 そんな映画の宣伝コピーの中から、思わずその映画を見たくなっちゃう、珠玉のコピーを集めました!

 お楽しみあれ・・☆彡

 

続きを読む
スポンサードリンク