ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

直木賞受賞作

【辛口】「渦 妹背山婦女庭訓魂結び」感想・あらすじ。もう一押し!【2019年上半期直木賞受賞、大島真寿美著ネタバレ少なめ】

人形浄瑠璃作者、近松半二の一生を描く伝記小説。 全篇、関西弁がウネウネと繰り出される。 力作かもしれないが、正直なにかが足りない・・・・とは思ってしまった。 あと直木賞は、本屋大賞が出来て以降、なんというかより玄人向きな選考になっているのか?…

「宝島」真藤順丈の感想・あらすじ。感情移入できんが熱い!「戦果アギャー」とは何か??沖縄の戦後史を駆け抜ける力作【直木賞受賞作】

沖縄の歴史を戦後すぐから、返還まで、人々の半生を描き切った力作!!が直木賞に選ばれました。辺野古埋め立ての件が何かと話題だし、こういう作品に今光が当たるのは、嬉しいことだ! ただ、ぶっちゃけ自分は感情移入できんかった・・・。ラストシーンを除…

「ファーストラヴ」島本理生を読んだ感想・あらすじ。超ド級に重い、家族の病をガツンと浮き上がらせる作品【2018年上半期直木賞】

昨今、#ME TOOムーブメントや、それに触発される形で明らかになった詩織さんの事件などが世間を席捲していますが、こういう状況で、ある意味非常にタイムリーな(っていう言い方も下品ですが汗)小説でした。 あ、ちなみに「ファーストラブ」ではなく…

「銀河鉄道の父」門井慶喜の感想やあらすじ。読めば、宮澤賢治のイメージが変わるかも!【2017年下半期直木賞受賞】

今回の芥川賞、直木賞は、なぜか偶然にも宮澤賢治に縁がある!「おらおらでひとりいぐも」は、もちろん賢治の詩から引用されたものだし、「銀河鉄道の父」など、もろに、宮澤賢治の父、政次郎の立場から、変わり者の息子、賢治を描いた作品になっている。 息…

スポンサードリンク