ちょい虹:映画情報

人生道草しまくり迷いまくりのstray dogが遂に故郷を見つけるまでの物語。

アカデミー賞受賞作

ハクソーリッジの感想・評判は?切腹or救出?メル・ギブソンが沖縄戦を描く!

沖縄戦といえば、10万人近い一般市民が巻き添えになって亡くなった、第二次世界大戦時の非常に悲惨な戦闘だった。 日本本土に、唯一、アメリカ軍が上陸した接近戦。 私も、高校の修学旅行で地元のおじいちゃんおばあちゃんに聞いた生々しい話 (同級生の脳味…

「メッセージ」(2017)の感想・評判は?ばかうけ型!押井守監督も絶賛のSF映画!【少しネタバレ】

「ほんまもんのSF」「10年経っても見れる映画だし、残すべき映画」「たぶん、今年一番の映画」と、押井守監督が絶賛し、樋口真嗣、前田真宏も 「最後のどんでん返しにやられた」「感情的にぐっとくる」 「ここから新たな地平が広がる」 「記憶に関して深い…

映画「ムーンライト」の感想・口コミは!?アカデミー賞受賞のLGBT映画!【ネタバレ】

今年度のアカデミー作品賞は、番狂わせで(??)「ムーンライト」が受賞しました。授賞式では司会者も思わず「ららランドが受賞!!」と言ってしまい、一同ステージに上がったあと、「あ、間違いだったテヘ」っていうまさかの展開に・・・。 しかしこの「ム…

「ララランド」の感想・評判。夢追い人には絶対見て欲しい映画【若干ネタバレ有】アカデミー賞ノミネート

「ラ・ラ・ランド」本格的なミュージカル映画が久しぶりに登場!一見どこにでもいそうな、夢を追う二人の恋と奮闘を描いてて、とにかく夢がある人は切ない、色々自分の人生と重ねて考えちゃう映画、そして最後には、じわーっと心が温かくなるような作品でし…

映画「ブルージャスミン」評価。美人失墜物語byウッディ・アレン[アカデミー主演女優賞]

映画「ブルージャスミン」は、2013年にアメリカ公開、第86回アカデミー主演女優賞を受賞しています!伝説の英国女王を「エリザベス」で演じた、ケイト・ブランシェットが主役。 気付かなかったが、ウッディ・アレン監督(78歳!)の最新作でもありました。テ…

映画「それでも夜は明ける」の感想。奴隷は神と矛盾しないのか。【アカデミー賞受賞作】

2014年に第86回アカデミー作品賞を受賞した「それでも夜は明ける」。北部の自由黒人だったのに、白人の裏切りによって南部に奴隷として売られ、悲惨な環境の中で十二年間を生き延び、ついに自由を手にした、ソロモン・ノーサップの物語。 今見ると本当に信じ…

映画「ノーカントリー」感想。痺れるほどのスリル‼コーエン兄弟のアカデミー賞受賞作。

コーエン兄弟、前から好きだったけれど、改めて凄いと感じた。第80回アカデミー賞で、作品賞はもちろん監督、脚色、助演男優賞も受賞している。映画は多少斜に構えて見てしまう時もある自分だが、今回は掛け値なしで、マジで画面に釘付けになって、次は何が…

「ロードオブザリング3 王の帰還」感想。実写版ナウシカを作って欲しいぜ!【アカデミー賞受賞作】

トールキンの指輪物語を原作にした、まさに現代の叙事詩(エピック)という感のある、ロードオブザリング三部作。王の帰還は、その最終幕にして、2003年に第76回アカデミー作品賞も受賞していて評価が高い。 原作は文庫で20巻くらい長いのが出ていて、その…

ビューティフル・マインドの感想。天才数学者の数奇な生涯と、純愛が心に染みる。【アカデミー賞受賞作】

2002年にアカデミー賞作品賞に輝いた名作。 最初のうちは、不器用な変人学生を描いたヒューマンドラマ(いい話)かと思いきや、突然ペンタゴンなど機密組織の暗躍に主人公が巻き込まれるので、サスペンスか、歴史ものかと思いきや、実はそれが主人公の妄想だ…

スポンサードリンク